九州第一工業 株式会社

ご挨拶と九州第一工業の紹介

メニュー名

私たちがご提案する商品は、『地震国日本において強い商品を作りたい』との一心の思いで生まれた商品を中心にご提案をさせて頂いております。 九州では記憶に新しい熊本地震の際に、弊社の施工した体育館では一件の被害も無く避難所として活用された事で、 福岡大学及び東京工業大学との産学連携研究を実施し、日本の建築の最高の評定と言われる日本建築センターの『BCJ評定』を取得することもできました。 『災害に強く、意匠的にも優れた商品』を一つでも多くご提案出来る様に、社員一同挑戦してまいります。

 

代表取締役会長 秋田 清

メニュー名

長きに渡り九州を中心に採用されてまいりました弊社の商品ですが、時代と共に『更に良い物を!』と言う皆様の声に耳を傾け、技術を磨いてまいりました。 そこで磨かれた技術は様々な形で私共の糧となり、意匠性の高いデザイン、自由度が高くより優れた鋼構造建築を目指し、様々な難題をBIM(ビルディング インフォメーション モデリング) を最大限に活用し解決のお役に立つ事ができました。その結果、弊社の技術力を高く評価を頂く事が多くなりましたが、何よりも『ありがとう』のお声を頂く事が増えた事が本当に嬉しく、ソフトエンジニアリングと言う新しい世界にも果敢に挑戦しております。 今後も、お客様及び協力会社を始め取引会社の皆様に、選んで頂ける『九州第一工業』を目指して、社員一同直向きに取組んでまいります。

 

代表取締役社長 岩永 将信

RKBテレビ『志・情熱企業』にて弊社が紹介されました