構造・工法

DI式スペーストラス工法

商品コンセプト

  • 低コスト
    ボルトジョイントにより既製立体トラスメーカーの1/2以下。
    また一般工法より20%〜30%コストダウンが可能になります。
  • 軽量化
    ・スパンによっては20kg/㎡程度で一般工法の1/3の程度。
    ・ 軽量化により大幅な省資源化エコを実現しました。
  • 短工期
    ・一般接合部は特殊プレス加工を用いた冷間加工としたシンプル設計。
    ・現場組立はボルト組立作業のみで、早く的確な施工性と、高い安全性も確保しております。
    ・下部ヤードでの先行地組みも可能で大幅な工期短縮を実現しております。

主な特長

  • 立体トラス構造で軽量で剛性の高い鉄骨フレーム
  • 剛性を確保する為、交点部は17本のボルトジョイントで形成
  • 差し込みジョイントで全方向から偏芯の無い結合部
  • 大スパン以外の小面積でも施工可能
  • 亜鉛めっき加工が可能
  • 球体屋根・変形屋根など様々な形状に対応
  • 地上にて先行地組みが可能
  • ボルト接合によるスピーディーな施工
  • 鉄以外の金属でも施工可能
  • 狭小道路でも運搬搬入可能
  • 部材を小さく梱包する事が出来るため運輸コストの効率化を実現

主な用途

  • 工場・倉庫
  • 駐車場・キャノピー
  • 体育館
  • ゲートボール場
  • 屋内テニスコート場
  • 大空間構造物